バタフライピーのお話

タイハーブのこと
01 /26 2016
2010年より日本での販売を開始した *ラミンティー
日本では馴染みの無いいくつかのハーブティー商品の中で、
特にインパクトが強いのがインクのような青色に発色する *バタフライピー Butterfly Pea
RNCC87-1.jpg
ルーツはインドの伝承医学アーユルヴェーダにおける薬草(根・種・葉)として、長い歴史を持つ植物です。
安定性に優れた青い花弁の色素は、タイなど東南アジアの国々で主に食用着色剤として伝統的に利用されてきました。

当時は "バタフライピー" と日本語でググっても検索結果ほぼ無し、ハーブティーとしての情報は無し。ならば尚更、日本で初めて取り扱うためには正しい所から正しい情報を得て知るべきと、先人から伝わる身体に良い影響を及ぼすものとして活用されてきた根拠について学びました。
ラミンティー社ラボの紹介で、タイ国内外の研究者・有識者より伝統的・植物学的・科学的・薬理学的見解をヒアリングし、ご教授いただきました。

花弁の成分については、
抽出液から高濃度の青色アントシアニン(Ternatin)が発見されて(1997年・生物医学文献より)以降、食品科学において期待される自然性、安定性、希少性、多様性についての検証やその特有色素構造の研究は現在も継続して行われています。
食の多彩な分野で今後の活躍が期待できる植物素材であると、ポテンシャルを強く感じたハーブのひとつです。

ラミンティー社ブランドの「バタフライピー・ハーバルティー」販売開始数年後に、
Cafeglobe様が記事の話題にして下さいました。
その後、「*乾燥バタフライピー・フラワー」を "名探偵コナン" のストーリーでトリックとして登場させて下さいました。
タイ・ハーブのこと余りご存じなかった方々やお子様達が、
何らかの形で少しでも関心を持って頂くきっかけとなりましたこと、とても嬉しくとても感謝しています。

美容と健康に良い効果をもたらすことはハーブティーとして重要な要素ですが、
私共はお茶屋であるため、茶は生活に潤いと喜び楽しみを与える嗜好品として
安全に美味しく飲んで頂けることが大切と考えています。
自然の恩恵と生産者に感謝し、
真摯に茶づくりを続けてきたキャリアと加工技術による良品を楽しく味わって頂きたいと思っています。

◆ ブレンドティーのおすすめ ◆
香りで味わう『パンダーナス』  色で楽しむ『バタフライピー』
RNCC87.jpg
バタフライピー・フラワー&パンダーナス・リーフ
≪ブレンド分量目安≫
ティーカップ1杯分(150~180ml)の湯量に対して、
①バタフライピー花弁3~5個
②パンダーナスの葉ひとつまみ
沸騰させた湯をを注いで、必ず3分以上置いてからお召し上がりください。
RNCC87-4.jpg
レモン汁やハチミツなどの甘味を入れたり、お好みで美味しくお召し上がりください。
RNCC87-5.jpg

Enjoy!
ロンナムチャチェンマイ ONLINE SHOP

バタフライピー(蝶豆 ・ アンチャン)の花

タイハーブのこと
01 /18 2014
バタフライピー Butterfly Pea とは?

学名:Clitoria ternatea クリトリア・テルナテア
Fabaceae 豆科 Clitoria クリトリア属の蔓(つる)性植物

赤道付近の熱帯アジア原産で、後にアフリカ、オーストラリア、アメリカなどで栽培されるようになりました。
熱帯気候地域や温室では年間を通して花を咲かせる多年生ですが、耐寒性が無いため日本のような気候では暑い夏だけ花を楽しむことができる一年草として扱われています。
代表的な花色は青。鮮やかで目が覚めるような青色と貝殻のような形をした花の様子が“Butterfly(蝶)”に似ていることが呼び名の由来です。「Blue Pea」とも呼ばれます。
和名は「蝶豆」(英語名の直訳)

伝統的アーユルヴェーダ医療では何世紀にもわたり、豆 ・ 葉 ・ 根 の各部位を多目的に利用しています。
butterflypeaFC2_2.jpg
東南アジアの国々では、青い花の部位を主に料理の着色料として利用します。
タイではDok Anchan(アンチャン)と呼ばれ、花の部位をジュース、お茶、料理に、また石鹸やシャンプーなどのスキンケア製品にも利用されています。自然の着色料としてお菓子の色付けに、布の染料にも使用します。黒髪の艶出しや白髪染め、昔は眉墨にも使っていたそうです。

鮮やかな青色の花には、抗酸化物質ポリフェノールの一種「アントシアニン」成分が豊富に含まれています。
RNCC66_2.jpg
青藍のハーブティー。
美しいインディゴ色に染まります。
RNCC66_3.jpg
ライムやレモンを絞り入れると、アントシアニン色素成分がクエン酸に反応して青色が赤紫色に。
不思議なアントシアニンの色変化。
RNCC66_4.jpg
アンチャン(タイ名) で色付けしたデザート。
RNCC66_5.jpg
ビルマ(ミャンマー)料理、バタフライピーのかき揚げ。
RNCC66_6.jpg
バタフライピーでお米を色付けした、マレーシア東海岸クランタン州トレンガヌ州の郷土料理「ナシケラブ」 (ナシ=ご飯、ケラブ=サラダ)。
タイ料理では「カオヤム Khao Yam」と呼ばれているご飯のサラダ。
参照 Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Nasi_kerabu

ロンナムチャチェンマイ ONLINE SHOP

ローゼル(ハイビスカス)

タイハーブのこと
08 /06 2012
ローゼル(ハイビスカス)ドリンクは
のどの渇きをいやす働きや疲労回復の力があるとされ、
特にアスリートなどに愛用されるケースも多いとされています。
1964年に開催された東京オリンピックのマラソンで優勝したエチオピアのアベベ選手や、ドイツの選手がローゼルを愛飲し、記録をたくさん出したという話は有名です
RNCC38-1.jpg
ハーブティーの中でも人気のある、ルビー色の "ハイビスカス・ティー"
の植物名は「ローゼル」といいます。
ローゼルはMalvaceae(アオイ科)に分類される、熱帯地域に生息する多年草(地域によって1年草))植物です。
属種が Hibiscus Sabdariffa(ハイビスカス・サブダリッファ) のため、総称でハイビスカスとも呼ばれます。
沖縄など南国イメージで親しまれている赤い花木のハイビスカスは別種の園芸用・観賞用で、食用・飲用にはなりません。

タイでは "Kra-Jieb-Daeng (赤い)グラチアップ" と呼ばれ Hibiscus Sabdariffa(ハイビスカス・サブダリッファ) の同種です。これの甘いジュース(ナム・グラチアップ)は、暑い国タイでよく飲まれる飲み物のひとつです。
ただし、ローゼルに似た花を咲かせる Okra(オクラ) は同じファミリーのアオイ科ですが別属の品種です。
RNCC38-3.jpg
花びらを保護する萼(苞状)は花が散ると膨張して果実状になり、この赤く熟した萼部が飲用または食用に利用されます。
乾燥させた果実(萼部)は甘酸っぱいフルーティーな香りがします。熱湯を注ぐと鮮やかな紅色が広がり、甘味を感じる芳香を放ちます。雑味のない酸味と濃厚な旨みが快く、視覚・嗅覚・味覚を刺激するハーブティーになります。
この酸味はクエン酸・酒石酸・リンゴ酸等の有機酸から構成されており、アントシアニン色素、ペクチン、粘液質、ミネラル、ビタミンなど、美容と健康に良い有効成分をたっぷり含んでいます。
RNCC38.jpg
写真右:ローゼル・ハーバルティー+オレンジジュース
写真左:バタフライピー・インフュージョン+グレープフルーツジュース

バタフライピー(蝶豆 ・ アンチャン)ハーブティー

タイハーブのこと
06 /03 2012
学名では「Clitoria ternatea クリトリア・テルナテア」という
Butterfly Pea(バタフライ・ピー)は、
赤道付近の熱帯アジア原産マメ科の蔓(つる)性植物。

タイ名は「アンチャン」 和名では「蝶豆」(英語名の直訳) と呼ばれています。
熱帯気候の地域や温室では年間を通してキレイな花を咲かせる多年生ですが、
耐寒性が無いため日本のような地域では暑い夏だけ花を楽しむことができる一年草として扱われています。

白、またはピンクの花を咲かせる変種もありますが、代表的な花色は
鮮やかで目が覚めるような青色と貝殻のような形をした花の様子が「蝶」に似ていることが名前の由来です。
優れた薬効ハーブとして、生息する熱帯地域では古くから、
豆 ・ 葉 ・ 根 の各部位を多目的に利用しているそうです。
butterflypeaFC2_1.jpg
タイで主に利用されているのは花の部位。
この青色を構成している、赤ワインやブルーベリー、ビルベリー、紫キャベツなどに含まれているものと同種の抗酸化物質ポリフェノールの一種「アントシアニン」を主成分として、
美容と健康維持のための有効成分が豊富に含まれています。

タイではお茶、ジュース、カクテルやソーダとのブレンド、料理、天然着色料としてお菓子やご飯などの色付けなどに、
石鹸やシャンプーなどスキンケア製品としても利用されています。
布の染料として、また昔は白髪染めや眉墨にも使っていたそうです。

乾燥させたお花にお湯を注ぎ淹れると、水色がインディゴブルー(藍色)に染まります。
ライムやレモンを絞り入れると、アントシアニン色素がクエン酸に反応して紫色に。
混ぜるもの、水温や光の色とアングルによっても色彩が違って見える様子に、自然の神秘と美しさを感じます。
RNCC30.jpg
タイでよく見かける飲み方は、たっぷりの砂糖とライム汁と氷を入れて作る紫色のアイスティー。実際、バタフライピー(アンチャン)の花自体は微妙にピー(豆)の香味は感じるものの特に香りも味もないので、ただの甘いライムジュースのようだけど。
ラミンティー「バタフライピー・ハーバルティー」は、風味豊かなオーガニック・アッサム緑茶ブレンド。ホットで淹れるとアッサムのアロマがふわっと優しく口の中に広がります。
濃いめにホットを作って氷を入れると青色が涼しげに爽やかに映えて、のど越しサッパリ美味しいブルー・アイスティーになります。レモン汁・砂糖を加えても美味しくいただけて、色彩の変化も楽しめます。

≪追記≫ → 【バタフライピー Butterfly Pea】 とは?

Rong Namcha Chiangmai

タイ原産ハーブ専門 原料調達・輸入卸 mft株式会社【バタフライピー日本市場開拓のパイオニア/ラミンティー日本輸入総代理店】運営
Tea Atelier ロンナムチャチェンマイ
茶屋(店内飲食・テイクアウト)
物販(伝統茶ラミンティー, タイハーブ各種, タイコーヒー)
オンラインショップ