バタフライピー(蝶豆 ・ アンチャン)の花

タイハーブのこと
01 /18 2014
バタフライピー Butterfly Pea とは?

学名:Clitoria ternatea クリトリア・テルナテア
Fabaceae 豆科 Clitoria クリトリア属の蔓(つる)性植物

赤道付近の熱帯アジア原産で、後にアフリカ、オーストラリア、アメリカなどで栽培されるようになりました。
熱帯気候地域や温室では年間を通して花を咲かせる多年生ですが、耐寒性が無いため日本のような気候では暑い夏だけ花を楽しむことができる一年草として扱われています。
代表的な花色は青。鮮やかで目が覚めるような青色と貝殻のような形をした花の様子が“Butterfly(蝶)”に似ていることが呼び名の由来です。「Blue Pea」とも呼ばれます。
和名は「蝶豆」(英語名の直訳)

伝統的アーユルヴェーダ医療では何世紀にもわたり、豆 ・ 葉 ・ 根 の各部位を多目的に利用しています。
butterflypeaFC2_2.jpg
東南アジアの国々では、青い花の部位を主に料理の着色料として利用します。
タイではDok Anchan(アンチャン)と呼ばれ、花の部位をジュース、お茶、料理に、また石鹸やシャンプーなどのスキンケア製品にも利用されています。自然の着色料としてお菓子の色付けに、布の染料にも使用します。黒髪の艶出しや白髪染め、昔は眉墨にも使っていたそうです。

鮮やかな青色の花には、抗酸化物質ポリフェノールの一種「アントシアニン」成分が豊富に含まれています。
RNCC66_2.jpg
青藍のハーブティー。
美しいインディゴ色に染まります。
RNCC66_3.jpg
ライムやレモンを絞り入れると、アントシアニン色素成分がクエン酸に反応して青色が赤紫色に。
不思議なアントシアニンの色変化。
RNCC66_4.jpg
アンチャン(タイ名) で色付けしたデザート。
RNCC66_5.jpg
ビルマ(ミャンマー)料理、バタフライピーのかき揚げ。
RNCC66_6.jpg
バタフライピーでお米を色付けした、マレーシア東海岸クランタン州トレンガヌ州の郷土料理「ナシケラブ」 (ナシ=ご飯、ケラブ=サラダ)。
タイ料理では「カオヤム Khao Yam」と呼ばれているご飯のサラダ。
参照 Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Nasi_kerabu

ロンナムチャチェンマイ ONLINE SHOP
関連記事

Rong Namcha Chiangmai

タイ原産ハーブ専門 原料調達・輸入卸 mft株式会社【バタフライピー日本市場開拓のパイオニア/ラミンティー日本輸入総代理店】運営
Tea Atelier ロンナムチャチェンマイ
茶屋(店内飲食・テイクアウト)
物販(伝統茶ラミンティー, タイハーブ各種, タイコーヒー)
オンラインショップ