タイ屋台コーヒー Oliang オーリアン

ラミノコーヒー(タイ産コーヒー)
09 /03 2015
タイコーヒー「O-Liang オーリアン」とは、
コーヒー豆に穀物類を混ぜた焙煎ブレンドコーヒー。
名前の由来は、中国系タイ人の言葉である中国語の方言のひとつ "潮州語(ちょうしゅうご)" で、 O=black(黒) Liang=cold(冷たい) の意味。

もともとオーリアン(タイコーヒー)は、
コーヒー豆の代用にタマリンドの種、大豆やとうもろこしなどの穀物を焙煎し粗挽き状に砕いたものをネルドリップ式(布フィルター)で抽出した "コーヒーのような" 黒い飲み物だったそう。

昔ながらのローカルドリンク屋台のタイコーヒーは、店によってブレンドのレシピや配分、作り方も様々で味も異なります。スタンダードは、ネルドリップした濃厚なコーヒーへ大量の砂糖・練乳を投入したものをクラッシュアイスが入ったビニール袋(またはカップ)へ流し込み、更に仕上げのエバミルクも大量にトッピング。甘く濃厚でミルキーなアイスコーヒーになります。
かなり甘いのですが、一度飲むと病みつきになるのです。

こちら↓の商品は、ご自宅で簡単にタイ屋台式コーヒーが再現できます。
カスタムメイドで作ってみてください。
タイ屋台コーヒー | オーリアン Oliang | 挽粉250g

RNCC85.jpg
伝統的タイ式ブレンドコーヒー。
タイ・チェンマイ産の良質アラビカコーヒー豆に砂糖・とうもろこし・大豆・胡麻をブレンドした粉挽。

RNCC85-1.jpg
淹れ方は、コーヒーメーカー、ペーパードリップ、ネルドリップ(布フィルター)、いづれの方法も大丈夫です。
普段飲む "普通のコーヒー" と同様の分量で淹れてみて、好みの濃さに加減して美味しくお召し上がりください。
たっぷりのコンデンスミルク(練乳)とエバミルク(または牛乳)を加えて、甘く濃厚な屋台式の飲み方も是非お試しください。

※練乳をたくさん入れて飲む時や氷で割ってアイスコーヒーで飲む時は、濃いめの方がコクがあって美味しいと思います。
RNCC85-2.jpg
関連記事

Rong Namcha Chiangmai

タイ原産ハーブ専門 原料調達・輸入卸 mft株式会社【バタフライピー日本市場開拓のパイオニア/ラミンティー日本輸入総代理店】運営
Tea Atelier ロンナムチャチェンマイ
茶屋(店内飲食・テイクアウト)
物販(伝統茶ラミンティー, タイハーブ各種, タイコーヒー)
オンラインショップ